薬剤師の仕事をみてみましょう!

薬剤師求人 → 調剤の他にもいろいろある、薬剤師求人

調剤の他にもいろいろある、薬剤師求人

薬剤師には調剤以外にもいろいろな仕事があります。 まず、調剤に近い仕事として、服薬の指導をしたり、医薬品の 管理をする仕事があります。 調剤した薬を患者さんに渡す際に、飲み方等を分かりやすく伝えるのが 服薬指導です。 薬は正しく飲まなければ十分な効果を発揮することができませんので、 飲み方を指導するのも薬剤師の大切な仕事です。

調剤薬局ではなく病院で働いている薬剤師は、入院患者に対して この服薬指導を行うことがあります。 これからの日本はますます高齢化が進みますから、 高齢の患者さんに対する指導もより必要になります。

薬局を訪れたり病院に入院している患者さんだけでなく、 在宅療養をしている患者さんの元を訪れて服薬指導を行う必要性も ますます高まってくるでしょう。 また医薬品の在庫を管理したり、足りない医薬品を発注するのも 薬剤師の仕事になります。

薬は使用期限が定められていますから、その期間を過ぎたものは 使うことができません。 薬剤師はこのような管理もしなければならないのです。 たかが管理かと思われるかもしれませんが、 薬は足りなくても余らせても困ります。

いつもちょうど良い量を在庫として保管しておくことは 意外に難しく、十分な経験が必要とされるのです。 また劇薬や向精神薬など、取り扱いが要注意の薬もあります。 こうした薬は部外者が決して扱うことが無いように、 薬剤師が厳重に管理しなければなりません。

また薬の販売や輸入に関わる薬剤師もいます。 事業として薬の輸入をしたり、ドラッグストア等で薬を販売する時も 薬剤師が関わっています。会社員として働いていたり、販売員として店頭に立っていたりすると、 調剤薬局の薬剤師とは随分仕事のイメージも違いますね。

さらには学校で衛生管理をしたり、企業などで食品衛生管理の仕事をする 薬剤師もいます。一般の人が思う以上に、薬剤師の活躍の場は多岐にわたっているのです。 調剤以外の仕事に興味がある方は、いろいろな仕事を 探してみると良いでしょう。

薬剤師が調剤薬局チェーン店で働くメリット・デメリット

薬剤師の主な就職先として調剤薬局がありますが、この中に チェーン店として複数の店舗を展開しているものがあります。 就職する際にこうしたチェーン店を選ぶ人も多いでしょう。 名前が知られているとか、給与体系等がしっかりしていそうと 考えられることも魅力の一つです。

実際にはチェーン店で働くにあたってメリットもデメリットも 両方あると思いますので、これからそれらについて考えてみます。 まずチェーン店のメリットは、給与体系がしっかりしていることです。 どのくらいで昇給していくかとか、どのように昇進していくかが きちんと定められているので、安心して働くことができます。

きちんと先を見通して働きたいという方は、チェーン店が向いていると 言えるでしょう。 またチェーン店は教育制度が整っているという特徴もあります。 とくに他の業種から転職した人や、初めて薬剤師として働く人は、 現場での仕事に不安を持っていることと思います。 そうした不安も、きちんとした教育を受けることで解消されるでしょう。

一通り仕事を覚えた後でもステップアップするための研修や 勉強会が開かれることもあります。 チェーン店に入社して経験を積んでいくと、順調にいけば 昇進していくことができます。配属されたお店の中で昇進するだけでなく、薬局長を経て ブロック長に昇進したり、さらには本部に配属される可能性もあります。

このようにどんどん上を目指せることは大きなやり甲斐にもつながりますし、 組織の中でキャリアを積んでいきたいと考える方には とても良い環境だと言えるでしょう。

ここまでチェーン店の調剤薬局に関するメリットを述べてきましたが、 反対にデメリットもあります。 それは店舗の異動があることです。 サラリーマンなら転勤が当たり前という所も多いですが、 チェーン店も同様です。

全国展開しているお店の場合は、転勤も全国に及ぶ可能性があります。 一つの所に落ち着いて生活したい人にとっては転勤はデメリットに 感じるでしょう。逆に、いろいろな店舗をめぐって経験を積みたいと考える人なら、 転勤はデメリットにはならないかもしれません。